だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【アーチャー伝説】緑の大草原:攻略編

どうもだっきーです。

 

このページを見てくれてありがとう!

 

f:id:yuki00540422:20190909172736p:plain

 

今回は「アーチャー伝説」の1章を攻略しましたのでその話です。前回の紹介では情報量が多く、上手に書き切れなかったなぁ..と感じました。1章の攻略をメインに書いていこうと思います。

 

このゲームがどんなものかわからないよ...という方は下のリンクで確認してくださいね。

 

www.dakki.life

 

ではさっそく、見てみよう!

 

 

1章について

f:id:yuki00540422:20190815223857p:plain

 

緑の大草原...名前は初級クエストのように感じるのですが、私が攻略するまで3日ほどかかりました。シューティングゲームが得意な人はパパっと進められるかと思いますが、敵の攻撃を所見で受けると時間がかかるかもしれません。また、ダンジョンから出てしまうとステージ1からやり直しなので、時間がかかります(30分ぐらい)。

 

武器の攻撃力やタレント(保持スキル)の強化をしてダンジョンに向かうと、比較的に倒しやすいです。(先ほどやってみたら10分で50Fまで攻略しました)

 

 

 主なモンスター

スライム(青・赤)

ゼリー状の生物。攻撃は突進のみ。スライムの動きが止まると攻撃のサインなので、スライムのむく方向に立たないようにしよう。攻撃範囲は小さく、障害物にぶつかると止まる。プレイヤーに意識的には攻撃しない優しい生物であるが、狭い場所に囲まれたときに来られるとやっかい。

 

赤スライムはHPが少しだけ多く、倒した後にスライムに分裂する。攻撃方法等は変わらない。

 

コウモリ

上空を飛び回り、プレイヤーめがけて攻撃してくるコウモリ。攻撃は突進のみ。コウモリの動きが止まる(その場で羽をばたつかせると攻撃をするサインだから、範囲外によけるべし。攻撃距離はスライムより大きく、障害物を通り越して攻撃する。

 

ゴーレム(通常・強化)

岩の体を持つ生物。攻撃は遠くから岩を飛ばす。移動はそこまでしないが、遠距離からプレイヤーにめがけて3つの岩を飛ばす(プレイヤーに向かって真ん中、右と左に30度ずつ)。HPは見た目以上になく、3~4発で倒すこともできる。障害物があるところに逃げると攻撃をよけることも可能。

 

強化ゴーレムは攻撃方法が一度に5つの岩を投げてくるに変更し、それ以外は変わらない。複数たい出現すると厄介。

 

タネハキソウ(通常・強化)

一歩も動かない生物。しかし、種をプレイヤーに向かって放つ。種は2発で遠距離からの攻撃。障害物の裏とかに隠れていると厄介なモンスター。

 

強化タネハキソウは、HPも多くかつ攻撃が3発になっている。できるだけ広いところで勝負に出たいが、種の配置がプレイヤーを追い詰める。

 

アーチャー(緑・赤)

プレイヤーの見方のようなふりをするモンスター。緑アーチャーは弓を発射するときに赤のラインを引きそのラインに弓攻撃をしてくる。出現時はだいたい複数のアーチャーが出てくるので入口に向かって赤ラインがたくさん引かれる姿が多く目撃される。よけることは簡単だが、当たるとそれなりのダメージを受けてしまう。

 

赤アーチャーは、基本的に緑アーチャーと変わらないが、弓にバウンド能力を付与している。そのため、赤ラインが複雑に引かれている。

 

木の精霊(緑・青)

切り株型のモンスター。攻撃はジャンプした後に上下左右の四方向に木の葉を投げる。基本的よけやすいが、モンスターが動くので当てにくい位置に移動されると倒すのに時間がかかる。

 

木の精霊(青)は、攻撃が8方向に増える。攻撃されたら動きながら避けるのがコツ。狭い場面では早目に倒したらいいが、優先順位的には後から倒してもいいと思う。

 

ワイト→黄ワイト

ガイコツのモンスター。プレイヤーに向かってやってくるので遠距離モンスターがいるときに来られるとやっかい。ひたすら集団活動してくるモンスター。

 

黄ワイトは、倒すとワイトが2体出現する。ワイトと共に行動するので行動範囲がなくなる前に倒しておきたい。できない場合は逃げながら攻撃する。

 

爆弾ゴースト(白・緑)

爆弾を持ちプレイヤーに向かって投げるゴースト。爆弾は計2発の攻撃。ゴーストなので障害物をすり抜けて攻撃する。

 

爆弾ゴースト(緑)は3発の爆弾を持って攻撃する。基本的には変わらない。

 

ダンジョン構造

ステージはランダムになっているが、10ステージごとのシャッフル(1ステージに46ステージのモンスター配置はされない)だが、ステージを攻略するうえで全てのステージを攻略しなければいけないので、どのようにモンスターが攻撃してくるか予測しといたほうがいい。

 

イベント

  • 1ステージではスキルを一つ取得
  • 5ステージで回復orスキルの取得
  • 10ステージでボス戦(勝利後ルーレットor悪魔の交渉)
  • 15ステージ回復orスキルの取得
  • 20ステージでボス戦(勝利後ルーレットor悪魔の交渉)
  • 25ステージで回復orスキルの取得
  • 30ステージでボス戦(勝利後ルーレットor悪魔の交渉)
  • 35ステージで回復orスキルの取得
  • 40ステージでボス戦(勝利後ルーレットor悪魔の交渉)
  • 45ステージで回復orスキルの取得
  • 50ステージステージでボス戦

 

ボス戦

ボス戦は10ステージごとに行われるイベント。ゴーレムと木の精霊は10ステージでは確認されていないが、基本的にランダムに出現する。

 

個人的に強いと思ったのは、ゴーレムと木の精霊である。慣れるとそれぞれの特性が見えて避けやすいが所見では攻撃の種類に翻弄されて負けることもあるだろう。これを参考に攻撃パターンを把握してほしい。

 

赤ワイト

ボス戦の中で一番弱いと思われる種。はじめは1体だけだが一定のダメージを与えると分裂する。プレイヤーに向かうというよりかは壁に跳ね返る行動をする。分裂は4回だが、1体、2体、4体、8体と増えていくのでワイトの行動の直線状から避けることが攻略といえるだろう。オススメは2体に分裂したら片方だけを狙い分裂させ、分裂できないところまで徹底して攻撃することがいいだろう。

 

分裂するごとにHPと攻撃力も2分化されるのでスキル(サークル系)を駆使して倒すのも一つの手かもしれない。プレイヤーに関心を持たないけどボスという初心者に優しいモンスター。

 

木の精霊

後半のボス戦に出てくる強敵ボス。攻撃はプレイヤーを狙い、木の葉攻撃とジャンプ攻撃をする。木の葉攻撃はフィールドに出てくるような4方向ではなく1方向に20枚前後の葉っぱを放つ。まさしくシューティングゲーム。攻撃を止めて避けることに専念すればいいのかと考えるプレイヤーも多いが、1発は当たることを覚悟しといたほうがいい(もちろん葉っぱの配置が良ければ避けることも可)。ジャンプ攻撃はプレイヤーにめがけて攻撃する。その後に8方向への葉っぱ攻撃がある。どちらかというとジャンプ攻撃の間に攻撃のチャンスがあるのだろう。

 

最初の方にスキル(無敵、シールド)が取得できるなら取ることをお勧めです。

 

タネハキソウ

比較的優しいボス。移動はしないが大量の種攻撃をする。基本的には入ってすぐの側面に立ちひたすら弓を打つと攻略できる。種攻撃は拡散的に出てくるがところどころにあたらない場所を用意している。よけることが苦手な人はスキル(シールド)を取得して臨むと見極めやすいかもしれない。

 

ゴーレム

後半のボスとして出現。プレイヤーにめがけて突進、岩飛ばし、ゴーレムの召還の3つの能力を使ってくる。突進攻撃はプレイヤーがボス部屋に入ってすぐに繰り出される攻撃。追尾があるのでなるべく動いて避けることがオススメ。岩飛ばしは5~6個の岩を飛ばす。ゴーレム召喚は2体召喚される。ボスの体力に直結するので召喚されたゴーレムから攻撃していくといいでしょう。

 

ドラゴン 

 割と初めの方のボスとして出現。直線に5つの球を放つもの、3つ方向に連続放つ、といった炎をはく攻撃がメインである。厄介なのは炎の球がバウンドすることだ。攻撃を直線状に出させることで予測可能な攻撃にできるようにしていこう。

 

 

アーチャー伝説
アーチャー伝説
開発元:HABBY
無料
posted withアプリーチ

 

 関連するオススメするアプリゲーム

【アーチャー伝説】弓を駆使してモンスターを倒そう:概要の説明 - だっきーのゲーム生活

【RunRace 3D】サスケを思い浮かばせるアスレチックゲーム - だっきーのゲーム生活