だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【Paper.io 2】陣取りゲームは最後まで気が抜けない

どうも、だっきーです。

 

ゲームに集中しすぎて、気がついたら一日を過ごしてしまうなんていうことがあり、そろそろ時間を決めながらゲームをしなければいけないかな~と悩みつつある日があったりします。

 

本日もそのような日でして、そういうときこそ、ゲームをしながらどんなゲームだったかをブログに書いていたりします。今日一番下であろうゲームは「Paper.io 2」という陣取りゲームです。

 

陣取りゲームというと「スプラトゥーン」や「ポケモンGO」といったものが浮かぶでしょうが、このゲームでは自分以外が敵の陣取りゲームです。

 

このゲームとの出会いは広告を見ていた時に、面白そうと思って数か月前からダウンロードはしていたのですが、時間が取れずに今日という日までプレイすることなく片隅に置かれていました。やってみると熱中してしまうぐらい面白いゲームだったのでもう少し早く始めていればよかったな~というのが率直な感想です。

 

それでは見てみよう!

 

 

どんなゲーム?

このゲームは、プレイヤーがキューブ(四角の物体)になり、真っ白な陣地に色を付けていきます。プレイヤーの人数は把握していないですが、10人から15人程度の大人数で行われています。

 

自分のキューブが動き、輪を描くように繋げるとキューブの色と同じ色の陣地が反映されます。白い陣地は、誰の陣地でもないので自由にとっても問題ないですが、他の色の陣地が近くにあると陣地の取り合いが起こります。(陣取りゲームですからね)

 

基本的なルールを紹介します。

  • 陣地を拡大中に敵プレイヤーのキューブに書いている途中の線を横切られるとGAMEOVER
  • 自分の陣地内に相手のキューブがやってきたら自分のキューブが勝てる
  • 両プレイヤーが領地拡大のために線にあたるとお互いにGAMEOVER
  • プレイヤーが倒れると白紙の陣地に戻る

 

陣地が広いほど他のプレイヤーから狙われやすいですが、相手プレイヤーを倒していくことで新たな陣地獲得と自分の陣地の安全性を確保することができます。

 

少し制限を設けて楽しんでみた

ルールがシンプルだからこそ難しいということもあり、地道に拡大していく方がいいのか、賭けに出て大きな円を描いたらいいのか迷いますよね。

 

このゲームをしたときに「自分が相手を倒した数」と「自分の陣地の割合」が表示されることを知り、このゲームに目標を立てることにしました。

  1. 自分が倒した数を20人以上
  2. 自分の陣地を20%以上

 

この2つの条件を設けてゲームをするとあっという間に数時間が経ってしまいました。立てなくてもしていたでしょうが...(笑)

 

とりあえず、頑張った結果を見ていただきたい...(100%自分の陣地にすることが実績にあり驚きましたが...)

 

f:id:yuki00540422:20190501224755j:image

 

 

こうやってゆっくりとみると、どこかの国のような気がして面白いかもしれませんね。

 

次はどんなゲームをしようかな~

 

Paper.io 2
Paper.io 2
開発元:Voodoo
無料
posted withアプリーチ

 

オススメしたい関連するゲームの紹介

【Twisty Arrow】シンプルな内容だがだからこそ奥深いと感じたゲーム - だっきーのゲーム生活

【ブリックツムツム】高速ピンボールをやってる感じになるゲーム - だっきーのゲーム生活