だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【Crowd city】集団には勝てないことを実感させられるゲーム

人は一人で生きてはいけないものです。そして、2人以上の集まりを集団といいます。

 

もう少し面白い言い回しができるようになりたいですね(笑)

 

とはいっても、学校、会社、ボランティア、家族...こんな感じで何かしらのグループには参加しているのは事実なのです。何かしらに参加しているため、豊かな生活ができるのです。

 

今回紹介するゲームは「Crowd city」という集団の力を見せつけよう!というゲームです。それでは見てみよう!!

 

Crowd City
Crowd City
開発元:Voodoo
posted withアプリーチ

 ゲームのやり方

 ゲームはとても簡単でプレイヤーの仲間を増やしていくというゲームです。陣取りゲームに近いのですが、このゲームでは多くの集団をつくったプレイヤーが勝利です。

 

どういうゲームかというと..

  • 制限時間は2分間
  • フィールドは都市だけ(結構広い)
  • 大衆が少数を飲み込む
  • プレイしてるほど有利になる

 

詳しく説明が必要なのは下の2つのとこですね!

 

基本ルールとしては、仲間そして中立のキャラクターがいます。この中立キャラクターに触れると自分の見方が増えます。しかし、自分より大きな集団を持つ敵に触れると仲間が減ってしまいます

 

 

例えば、自分の仲間が30で敵の集団が31だとすると...

 

 

仲間がどんどん寝返り、最終的には仲間がいなくなってしまいます(0でゲームオーバー)。その分の戦力を敵が吸い取るので戦力差は、仲間0で敵が71になります(集団全員寝返らせると10人のボーナスポイントが付きます)。

 

大きな戦力を勝ち取りたければ、小さな集団を丸ごと回収して、ボーナスポイントを獲得していくことです。数には勝てないとはこういうことなんです(物理)

 

また、ランク制があり、1プレイで最大20の経験値が手に入れることができます。(詳細は下の方に書いてあります)

 

ランクアップするとボーナスとしてプレイする前から数人の集団ができるボーナスがつきます。私は現在初期配置で12体いるというかなり有利な感じです。

 

 経験値の獲得

  • 1位:20ポイント
  • 2位:10ポイント
  • 3位:5ポイント
  • 以下生き残り:2ポイント
  • 全滅:1ポイント

 

このゲームはランダムで10名のプレイヤーが集められるのですが、ほとんどのプレイヤーは敵の集団に飲み込まれてしまいます。相手を飲み込んで自分の集団を大きくすることが上位ランキングに残る方法ですが、できるだけ生き残れるようにしていくのを心がけると案外上位ランキングまで行くことができますよ!