だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【Idle Crafting】初めは全然手抜きできないが、仲間を救出すると放置ゲーが始まる不思議なゲーム

Idle シリーズを2つほどブログに紹介していますが、そもそも「Idel」とはなによ?

という方もいるのではないでしょうか?

 

英語を勉強している方は、「働いていない、遊んでいる、仕事のない」といった日本語訳を浮かぶかもしれませんが、知らない方からすると「女優や有名人」といった「アイドル」を連想してしまいそうですね

 

この「Idle」は「暇つぶし」や「放置ゲー」といった意訳の意味が含まれ、楽にできるとよ!という意味なのです

 

暇つぶしがしたいな~と思ったときに「放置ゲー」や「タップゲー(クリッカーゲーム)」と検索する方も多いかもしれませんが、面白いのがなかったら「Idel」も検索ワードに入れてみるといいかもしれませんね(笑)

 

それでは、さっそくゲームを見ていきましょう!

 

 

仲間が手に入るまでは自分自身も働こう!

このゲームにはストーリー性はあるものです。しかし、「放置ゲー」の要素にたどり着くまでには少し自力で頑張らなければいけません(ステージ5まで)

 

なんで放置できないのか私なりに考えてみました。ゲームをダウンロードするとプレイヤーは自分でプレイしたくなる時間があります(たとえ放置ゲーだとしてもね!)

 

それがステージ5なのです

 

放置を前提にプレイするならばこのゲームは全くもって進みません!

 

なので、自分の手でプレイし、相方となる仲間を手に入れてから放置を開始するのです。

 

開発者なりの考えなのでしょうね…

 

ダウンロードすれば少なからずプレイしたいという気持ちが生まれる。途中でマンネリ化するからそこに放置要素を取り入れればいいのではないかと…

 

どの立ち位置から言っているんだと思われるかもしれませんが、ゲームをいかに飽きさせないか…ということを考えてるゲームには何かしら深みにハマるというのも事実です(笑)

 

Craftなんて書いてあるけど何をCraftするの?

Minecraftやドラゴンクエストビルダーズのようなキューブブロックが画面上にあるので建築ができると思いますよね…

 

私は作れるんだ〜と期待を抱かせてたのですが、やはり放置ゲーなので、建築要素はないのでした…

 

一定のプレイを続けると自分でステージを作ることはできますが、それ以外はボタンをスライドし、タップし、ブロックを壊すといった作業要素の多いゲームです(よくあるパターンです)

 

オススメできるかと言うと、なんとも言えない感じです(流石B級ゲーム!!)

 

ゲームを効率よく進めるには…やはり放置?

仲間に経験値を稼いでもらう…これが放置ゲーの鉄則です(笑)

 

しかし、Idle Crafting では、少しの自力プレイが必要な所がちょくちょく出てきます。

 

例えば、10ステージ事に制限時間つきのステージが出てきます。そういった時は仲間に任せるよりも、自分でスライド(攻撃)していかなければ勝利することができないので何時間か放置して仲間に経験値を稼いでもらうことも大切です。

 

仲間が稼いだ経験値を自分や仲間のレベルアップに繋げることができるとステージ攻略をしやすくなります。つまり、仲間が増えれば増えるほど、放置で回収する経験値も増えるので放置の快楽に溺れてしまうのです。

 

私もプレイしていくうちに、放置の方が効率よくできるのでは...と考えたこともありましたが、単調に放置を続けるだけではこのゲームをクリアすることができないことを学びました。一気にレベルアップしてステージ攻略が進むことが間違いないのですが、放置だけではうまく進めることができないというのもゲームの一興なのだなと感じました。

 

 

おわりに...

放置ゲーは自分の思うようにプレイができないのとプレイに単純作業の要素が多くかかるため、私はあまり好きではないですが、(放置ゲーだけに)たまにプレイするにはいいものだな~と思いました。

 

ステージを作り合いお互いプレイするのは、このゲームならではの楽しみ方なのだと思いますので、一度はプレイしてみてはいかがでしょうか?

 

Idle Crafting Empire
Idle Crafting Empire
無料
posted withアプリーチ

 

関連記事

【Idel Miner】とても簡単な仕組みだからこそ考えさせられるゲームだった - だっきーのゲーム生活

 

【Idle Balls】ボールをはじけば弾くほど楽しくなるゲーム!? - だっきーのゲーム生活