だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【Twisty Arrow】シンプルな内容だがだからこそ奥深いと感じたゲーム

「流鏑馬」って知っているでしょうか?

 

平安時代から鎌倉時代にかけての伝統武芸で「やぶさめ」と読みます。

 

馬に跨り 弓を構えて 的に射る

 

現在でも文化として日本各地の神社にて行われています。歴史の教科書に載るレベルなので1度は見ていきたいものです

 

……(笑)

 

いつもゲームの話をしているのに、日本伝統芸の話をしてしまってジャンルが変わったのか?と思われるかもしれませんが、今回もいつも通りゲームを紹介していきます。

 

「流鏑馬」と関係があるのかというと「弓」を使うぐらいしか共通点がないという残念な落ちになりそうです(笑)

 

ダーツの方が例えがあってるなんて言われたらそうかもしれませんが、私は流鏑馬の気分だったのでそのまま通します。とにかく、的に当てるということを伝えたかったわけで、ルーレットでもダーツでも良かったわけです。

 

f:id:yuki00540422:20190107135504j:image

 

そんなわけで、今回紹介する「Twisty Arrow」というゲームについて話していきますね!

 

 

ゲームの概要

この「Twisty Arrow」というゲームはとてもシンプルなゲームです。

 

ルールの説明をすると…

 

  1. 的に射る
  2. 的に残されている矢には当ててはいけない

 

この2点がルールです(笑)

とても簡単そうと思ってしまいがちですが、このゲームとっても難しいのです。

 

私が元々リズムを取ることが苦手(音ゲーなんてeasyぐらいしかできない)なのもあってなかなかクリアできないということがありました。

 

ゲームとしては...

 

回転している的があり、中心に的に射てほしい本数が書いてあります。

矢を発射すると的に残ったままで、中心に書いてある本数ゲージが少なくなってきます。

自分がゲームの中で射た矢のところに弓矢がぶつかるとGAME OVERです。

 

 

ルールもゲーム性も単調で明快なものですが、回転している方向がレベルが上がるごとに早くなったり逆回転したり本数が増えたりするのでとても難しく感じるかと思います。

 

そのため、回転を予測する能力正確に弓を放てるようにする能力が試されるといえます。回転を予測して打てないと、縄跳びでいつまでたっても輪の中に入れないと思いますし、正確に射貫くことができなければ、的の中に矢が収まらなくなるからです。

 

快適にプレイするには…

ゲームをしていて思ったのは、リトライするごとに広告が入るのが、腹が立つかもしれません...

 

これは、言っておかなければいけないことですが、機内モードにしてもこのゲームは遊ぶことができます。 

 

 だって、1プレイ30秒から1分のゲームなのに30秒近くの広告を見せられるのは、プレイヤーとしては嫌なことであると思います(気がつくまで何回見せられたことだか..)

 

せっかくやるゲームなのでストレスをかけない(広告以外でのストレスは結構かかります)ゲーム空間を楽しみましょうね!

 

全部で240ステージと楽しめる程度にはあると思うので、プレイしてみてはいかがでしょうか?

 

 

Twisty Arrow!
Twisty Arrow!
posted withアプリーチ

 

関連記事

【ブリックツムツム】高速ピンボールをやってる感じになるゲーム - だっきーのゲーム生活

 

【Hole. io】穴になってフィールドを綺麗にしよう - だっきーのゲーム生活