だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

楽しく思わせるゲームってなんだろう

ゲームをしているとき「すごい、、、」と思わせられるものがありますよね!

 

大きく言うと心を動かせるゲームです。

 

私は、その「すごい」と思わせるゲームには、共通していることがあるのではないかと思いました。

 

だって、感動してしまうのは人とかではなく、液晶画面の中なんですよ!

 

不思議ですよね〜

では、考えてみよう!

 

 

ゲームを仕事化してない?

楽しくなければ、ただの作業ゲーム化され、お仕事と同じような価値観に変わります。

 

例えば、こんな実験がありました。

 

1時間200円でゲームやったご褒美をあげると子どもにいいます。

 

その1日は、子どもは喜んでゲームをやるでしょう。しかし、ゲームを楽しんでいるかと言うと楽しむことを忘れて、ゲームを何時間プレイするのかということを重視してしまうのです。

 

それ以外にも…

自分の家の壁面にイタズラで絵を描く人がいると、つい怒って辞めるように言いますよね。しかし、怒ることが逆効果になることになることが心理学的にわかっています。

 

カリギュラという言葉があり、「やってはいけない」と言うということを「やりたくなる」という現象のことです。

 

この壁面をイタズラで描いた絵に対して、お金を払って追い返すと何度か絵を描きにやってきます。しかし、ある日いつも払っているお金より少なく払うとイタズラで絵を描く頻度が低下してイタズラが無くなったということがあります。

 

つまりは…

ゲームもイタズラ描きも初めは楽しいから入っていたものなのですが、お金が間に入ると楽しめなくなってくるのです。

 

これは、他のことでもいえます。勉強においてもいえます。楽しむということを忘れると仕事のような気がしてゲームが続かなくなるのです。

 

心を動かせるゲームの認識

ゲームには色々と種類があり、世代によっても変わりますよね。

 

キャラクターが好きだという人もいれば、作るのが好きだという人もいますね。どんなゲームにおいても楽しいということが忘れてはいけません…

 

クリエイティブなゲームといえば、Minecraftが代名詞と言われるぐらいのものです。ルールはあるけど、ある程度キャラクターに合わせるゲームはRPG系が合うのかなと思います。

 

 

おわりに…

ゲームが楽しいと思えるには、損得勘定が発生しないことから始まります。

 

本当は、ステータスがどうこういうゲームも最終的には作業に近くなるのかも知れません。

 

ある意味、そのようなゲームはたくさん世の中にでていて自由性の高いものはあまり世の中にはでていません。

 

作ることが難しいからというのが大きな原因です。自由を定義づけるには、多くの人数の調査をし、そこからブレーキをかけないで制作したゲームなのです。

 

私は、少しずつですがそのようなゲームの仕組みを作れればいいのにな〜と思ってるんですけどね!

 

では、また会いましょう!