だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

アーテリアの平和は戻せるのか?~アトリエオンライン冒険記8~

アーテリア地方も終盤を迎えました。コーシュとは敵なのか味方なのか?疑問に残ることは沢山ありますが、本章を読み解きながら進めていきたいと思います。

 

f:id:yuki00540422:20181117140634p:image

 

前回のシナリオを読んでいないという方はこちらの記事を読んでくださいね!

ダルダラ団の仕事は色々と複雑なようです~アトリエオンライン冒険記7~ - だっきーのゲーム生活

 

 

15章:オヤジの危機

ヴァレリアンから連絡が来て、とても焦っていた。どうやら、スカルキャップとその客人(14章を参照)が宴の場所で魔物に囲まれてしまったらしい。

 

墓地にあるダルダラ団のアジトで囲まれてるという情報を聞き、救出に乗り出そうとするだっきーたちの姿を見て驚いていた。

 

学生証を盗んだのに…申し訳なさそうにするヴァレリアンであったが、だっきーは「困ったときはお互い様だから」と言葉を伝えられ、驚いていた。

 

ダルダラ団のアジトでは、スカルキャップとビルベリーが囲まれていた。救出の声が聞こえ、だっきーたちと合流する。周りにはモンスターが溢れ、だっきーたちの目の前にグレイスパイダーが立ち塞がる。

 

少し余裕ができたところでスカルキャップとビルベリーはお互いが違うことに気がついた。そのような状況でヴァレリアンがコーシュに問い詰める。

 

しかし、コーシュは「俺たちは同じ『ダルダラ団』の仲間だろう!?」といい、説得をしようとした。今まで学生証を返してもらうために色々やらせたのに、今回の騒動も率先して手伝ってくれるだっきーたちの姿をみたヴァレリアンは、だっきーたちを信じるといった。

 

コーシュは、正体がバレたところで本性を表す。どうやら、2人を魔物に始末させようとさせていたようだ。そして、抵抗するといって戦闘することになった。

 

戦いが終わったあと逃げられてしまった。だっきーたちも戦闘を終えたあとで疲弊していた。一度ゆっくりと話すために商館に帰るのだった。

 

商館に帰った一行は、ビルベリーとスカルキャップの関係やスカルキャップがマスクで話を聞いていなかったのでだっきーたちの経緯について話をした。

 

ヴァレリアンがスカルキャップに「ソレルの学生証を返してくれないか?」と交渉をしてくれて、ソレルは学生証を取り返すことができた。

 

また、今回の件で迷惑をかけたからといって「土の錬金術」の技法書をだっきーたちに渡すのであった。

 

登場人物

ブラックコーシュ

コーシュの本名。戦闘終了後、逃げたので再びシナリオに出てくるかも…

 

ビルベリー

元アーテリア地方の領主。スカルキャップの上司だった。

 

キークエストの紹介

転入試験、迫る!

転入試験の日程が決まったウィスティリア。しかし、緊張していることに疑問を持つルーがいた。

 

ルーが言うには、今の成績ではほぼ合格間違えないと伝えたが、それでも緊張が取れないウィスティリアであった。

 

 

16章:ウィスティリアへの激昂

試験が近づくにつれて緊張が増してくるウィスティリア。そんなウィスティリアのためにお守りを作ってあげようとだっきーたちは、材料をリブルム地方まで取りに行くことになった。

 

リブルム地方に着いただっきーたちは、アンゼリカに材料がある場所を教えられる。魔物も集まってきて、撃退してからお守りで使う石を探した。

 

探しているなか、だっきーは以前ゴブリン洞窟で会った???と遭遇する。そこでだっきーたちに叡智の輝石を渡した。そして、謎の包まれたままだっきーたちの前から立ち去ったのであった。

 

ソレルが鉱石を発見し、だっきーはお守りの調合を始めた。完成したお守りは、ウィスティリアにあげ、ウィスティリアは、アカデミーの後輩になると誓いを立てるのであった。

 

 

登場人物

???

だっきーたちに接近しては、良いものもくれる。まだ分からないが、味方なのだろうと思われる。

 

キークエストの紹介

アーテリアの黒風

だっきーたちは、ヴァレリアンを一緒に冒険に出ないかと誘う。スカルキャップも旅をすることは良いと進めるがあまり気が進まないようであった。

 

スカルキャップは、思い出したかのようにだっきーたちに依頼を出す。どうやら面倒な魔物が出てきたようで討伐を依頼したいということだった。

 

一行とヴァレリアンを含めて魔物の討伐に向かった。討伐して欲しいと言われた魔物はホブゴブリン(Lv40)でとても高いものだった。

 

苦戦しながらも、ホブゴブリンを退ける。だっきーたちは、ヴァレリアンの凄さをべた褒めし、パーティーに入らないか勧誘したが、心変わりすることは無かった。

 

倒し終わったことを報告し、ダルダラ団最後の任務を伝えられる。コーシュがスカルキャップの口封じをしたため、アーテリア地方の商いが滞ってしまったので「オールビューズの剣を3本ほど制作してほしい」とのことだった。

 

このままでは、領地の財政難に襲われ、争いが耐えなくなることを防ぐためにオールビューズの剣を作った。スカルキャップは、さっそく売る準備をしに商館へ入り、だっきーたちも「驚くものが見れるから…」と言われついていった。

 

そこでは、ひとつの張り紙が貼ってあることをペパーミントが気がつく。内容は「ヴァレリアンをダルダラ団から退団させる」という内容であった。

 

 スカルキャップにヴァレリアンが退団になった理由を聞きにいった。スカルキャップはヴァレリアンに「自分の人生を歩ませたい」という気持ちがあって、そのような決断をしたようである。その気持ちを汲んでヴァレリアンはだっきーたちと共に旅に出るのであった。

 

終わりに...

この記事で、アップデートされるまでのシナリオを記事に書き起こしました。その他サイドストーリーについて更新していきたいと思います。

 

これからもだっきーたちの冒険をお楽しみに~