だっきーのゲーム生活

ゲーム記録を載せます

【FLO 昇格試験】料理人たつじん昇格試験〜思い出のタルト〜(ファンタジーライフ日記)

ファンタジーライフ生活を楽しんでいますか?ハロウィンイベを楽しみに待っているだっきーです。

 

今回は、料理人の昇格試験について紹介します。この試験はずっと前にクリアしていたのですがまとめるのを忘れていました(笑)

 

 

f:id:yuki00540422:20181104180949j:image

 

昇格試験までの準備

今回の昇格試験は、クルブルク先代女王から伝わる王家のタルトを制作することを先代国王のかんむりじいさんから依頼されることから始まります。

 

ある時期になるとそのタルトを食べたくなるかんむりじいさんのためにレシピを制作しましょう!


f:id:yuki00540422:20181104180631j:image

 

推奨レベル40と戦闘職のたつじん昇格試験と異なり低いと思いますが、制作職の昇格試験を合格するためには、モノ作りができることに判定がされますので最後まで気が抜けないのも事実です。

 

だっきーのレベルは、推奨レベルを超えた45レベルだったので安心して挑戦できるかと思いますが、制作するまで気が抜けません。

 

私が気が抜けない理由は、釣り人の昇格試験でミスをしたことがあるからです。どのようなものかというと、釣りをするにも自分のレベルと昇格試験のヌシとのレベルの差がありすぎたため、その場所まではいけるものの、ボスで圧倒的な力の差を見せられ挫折し、リタイアすることになったことがあったからです。

 

いざ、昇格試験へ
f:id:yuki00540422:20181104180640j:image

 

気を引き締めて、昇格試験に挑みました。王家のタルトに必要なリンゴは特別なもので先代の女王さまが育てたリンゴの木から作られます。そのため、その育てた木があるコモレヴィの森に向かいます。

 

道中タルトに必要な素材コモレヴィベリーを手に入れます。王家のタルトのレシピの完全再現は難しいのでジョゼットと試行錯誤しながら作るしかないようです。

 

女王さまの育てたリンゴ

リンゴという言葉に敏感なリンゴどろぼうリーダーもだっきーの跡を追っていました。

 

だっきーたちは、無事リンゴの木まで到着した時、リンゴどろぼうリーダーがだっきーたちを襲いましたが、ジョゼットが料理をふるまい落ち着かせます。

 

「ジョゼットの料理には人の怒りを沈める」という伝説があるそうで、実際にその状況を見ただっきーは驚きました。

 

争いもなくリンゴが取れると思ったら、りんごを守護するブラックマスターが現れました。


f:id:yuki00540422:20181104180625j:image


ジョゼットの料理も先程リンゴどろぼうリーダーに与えた分が最後だったため、戦闘することに…

 

モンキー種で火属性が弱点です。攻撃は、引っ掻きやタックルを主としますが制作職なので攻撃力があまり無いのが注意すべき点かと思います。

 

ブラックマスターを倒しただっきーは、女王アップルを手に入れました。さて、早速作ってみましょう!

 

 

王家のタルトを作ろう!

王家のタルトは、制作難易度470です。

ジョゼットと一緒に作ります。

 

f:id:yuki00540422:20181104181021j:image

 

制作のコツは、できるだけテンションを溜めて作ることがコツです。ここで失敗すると料理だけのやり直しか、昇格試験自体をやり直さなければいけません。


f:id:yuki00540422:20181104181017j:image

 

だっきーは、王家のタルトを作ることができました。かんむりじいさんは、喜んで貰えたのでしょうか?詳しくは、実際に挑戦して見てくださいね!

 

最後に…

料理人は元々得意な職業ではなく、苦手な職業でした。スウィートアップルを手に入ったので頑張りたいと思います。

 

では、次回もお楽しみに〜